法人概要

『和を以って人を敬う』

 

いまから60年前…

戦後混乱の中で、巷に溢れる戦災孤児を収容保護するために「養護施設八楽児童寮」が新城の地に誕生しました。 創設したのは故太田順一郎。自宅を開放して5名の戦災孤児と、寝起きをはじめたのが「社会福祉法人和敬会」の始まりでした。

1995年には、幸田町に「特別養護老人ホームまどかの郷」を開設。

和を以って人を敬うを理念に、「いつの時代も、その時代に困っている人々に手を差し延べることが、社会福祉法人和敬会の使命」と、60年の歩みを刻んできました。

 

そして2014年、なごみの郷を蒲郡市にオープンいたします。

60周年の和敬会からまた、新たな和が広がります。

 

≪法人理念≫
和敬(わきょう)の心

社会福祉法人和敬会は、「和を以って人を敬う」という和敬の心を使命としています。

和敬の心とは、和を大切にすること、人を敬うことです。その時代に困っている人々に手を差し伸べ、やさしさの和を広げていきます。

 

≪社会福祉法人和敬会 運営施設≫

≪社会福祉法人和敬会 公式HP≫

http://www.wakyokai.or.jp/

 

≪法人概要≫

経営主体

社会福祉法人 和敬会(わきょうかい)
〒441-1318 愛知県新城市八束字天王1032番地の2
TEL(0536)22-0760 FAX(0536)22-0762

児童福祉法による
児童養護施設
八楽児童寮 愛知県新城市八束穂字天王1032番地の2 TEL(0536)22-0760 FAX(0536)22-0762
認可 昭和28年10月24日
目的 児童養護施設は、乳児を除いて、保護者のない児童、虐待されている児童その他環境上養護を要する児童を入所させて、これを養護し、あわせてその自立を支援することを目的とする施設とする。
定員 55名(2歳より18歳まで)
地域小規模児童養護施設6名
老人福祉法による
特別養護老人ホーム
まどかの郷
愛知県額田郡幸田町大字野場字石荒23番地
TEL(0564)63-1626 FAX(0564)63-1633
認可 平成8年4月1日
施設概要 概ね65歳以上の方で身体や精神に著しい障害があるため日常生活に介護が必要でありながら、居宅において介護者できない方をお世話する施設です。さらに、一時的にお世話する「ショートステイ」や定められた利用料でご利用いただく「ケアハウス」、在宅福祉を応援する「在宅介護支援センター」「デイサービスセンター」も併設しています。
定員 特別養護老人ホーム…80名
ケアハウス…15名
訪問介護事業所
通所介護事業所
居宅介護支援事業所
福祉用具貸与事業所
短期入所生活介護事業所在宅介護支援センター

≪法人沿革≫

昭和28年10月

初代理事長(故)太田順一郎の資財を基本財産として社会福祉法人和敬会を設立。養護施設八楽児童寮が事業開始。入所定員30名で発足。

29年9月 ときの厚生大臣草葉降円氏を迎えて東郷東小学校を会場に開所式挙行。
30年9月 子供と職員の労力で集会室を建築しようと計画を立て、手作りのブロック1,000余個を製造。これが映画になったことから自衛隊豊川部隊の応援を得ることになり集会室・調理室等完成。
32年9月 民間優良施設として御下賜金拝受。
33年4月 2年連続して御下賜金拝受。
12月 大寄宿舎制の建物を取り壊しい、小舎(家庭舎)に改革。年賀はがき寄付金などによりブロックづくりの家庭舎3棟完成。
34年1月 隣接地を買収し運動場を拡張させる。
6月 養豚場開設。
36年3月 共同募金などによりブロックづくりの集会室を完成。
39年9月 小舎制にあきたらず、分散制の理想を求めて町の中に新小舎“丘の家”を創設。共同募金と卒業生の協力により完成。入所定員40名となる。
40年11月 “みちばた文庫”が完成し、地域社会に開放。
42年4月 みたび御下賜金拝受。
10月 少年消防隊結成。
43年4月 ボーイスカウト活動開始。翌年新城第2団として承認される。
44年11月 児童遊園地完成。共同募金と名古屋市の鬼頭守義氏の基金によるところから“キトーランド”と命名され、地域社会に開放。
45年3月 日本自転車振興会の補助金などにより、第5の家庭舎“店の家”が完成。これで各家庭舎10名が8名となり、より密度の濃い養育を目指す。
11月 初代理事長太田順一郎病気のため死去。
若い親が幼児を残して蒸発し、家庭崩壊が急増。少人数で密度の濃い養育を目指し、入所定員55名となる。
12月 理事長・寮長に太田松枝就任。
47年7月 共同募金により、洗濯場を新設。
49年2月 日本船舶振興会の補助金などにより、管理棟増改築工事完成。
57年11月 国庫補助による小舎改築工事のため“鳥・花・魚”の3小舎を解体。
58年5月 ついに“丘の家”を解体。創立30周年記念式、児童家庭舎“鳥・花・魚・丘・順の家”改築工事竣工式、創設者(故)太田順一郎胸像除幕式、鼓笛隊結成10周年記念演奏会挙行。
平成3年9月 国の“不登校児童特別指導事業”の認定を受ける。セラピストを配置し不登校児への専門的対応を目指す。(当初年度全国で12ヶ所)
4年10月 国の“養護施設分園型自活訓練事業”の認定を受ける。昭和39年分散小舎制の理想を追い求めスタートさせた一軒の小さな“丘の家”が30年の月日の流れを経て国の政策となり、その認定を受ける。(当初年度全国で18ヶ所)
6年3月 愛知県補助金・中央競馬馬主社会福祉財団の助成金を受け八楽児童寮を退所した児童のための退所児童支援施設“カルムの家”完成。
子育て支援短期利用事業開始。地域の子育て支援のためにショートステイ事業・トワイライトステイ事業を開始。
8年4月 幸田町内に特別養護老人ホーム“まどかの郷”(定員80名)、デイサービスセンター・在宅介護支援センター・ケアハウス(定員15名)を開設。
10年1月 二代目理事長・寮長太田松枝病気のため死去(勲六等宝冠章を拝受)
3月 三代目理事長・寮長太田一平就任。
12年4月 施設から3Km程の市内にグループホーム“杜の家”(もりのいえ)を開設。
介護保険制度開始に伴い「まどか郷居宅介護支援事業所」「まどかの郷訪問介護事業所」を開所する。また、他の事業所の名称を改める。
「特別養護老人ホームまどかの郷」「まどかの郷ショートステイ」「まどかの郷デイサービスセンター」
定員を30名に増員する(デイサービス)
14年4月 二つ目のグループホーム“陽の家”(はるのいえ)を開設。
15年4月 まどかの郷福祉用具貸与事業所を開設
15年10月 社会福祉法人和敬会50周年記念式
(故)太田松枝胸像除幕式挙行
17年7月 地域小規模児童養護施設開設 定員6名増
17年12月 3つ目のグループホーム“幸の家”(ゆきのいえ)を開設
18年4月 幸田町内に、まどか小規模多機能型居宅介護事業所“まどかの家”開設